いまさら聞けない…シャンプーの基礎知識!

いまさら聞けない…シャンプーの基礎知識!

フケやかゆみ、匂いが気になり1日に何度もシャンプーを使ったり脱脂力が強いシャンプー使う人がいますがこれは良くありません。

 

以前は洗浄力を強くするため大抵のものが海面活性剤という細胞を破壊する化学薬品が使用されていました。

 

しかし最近は安全性が向上し肌ダメージは軽減されましたが、それを気にして天然由来成分のものに変えたらフケやかゆみが増えたという声があったのです。

 

それは以前のシャンプーに剤に慣れ切った皮膚が対応しきれず肌トラブルを起こすことがよくあります。
体質に合わないなら使わないのが無難です。

 

頭皮は体の中で最も新陳代謝が活発な部分です。
ダメージを心配するよりシャンプーとブラッシングによって頭皮を清潔にし、血行を促進する方が先決です。

 

皮脂には頭皮を雑菌から守るなどの役割があります。

 

あまりやりすぎると必要な皮脂まで落としてしまい逆に過剰に皮脂を分泌する原因になります。

 

理想的なシャンプーのやり方は事前にブラッシングして目立つ汚れを落とし、血行を良くしてから1日1回2度洗いすることです。

 

1回目は少量のシャンプーで汚れを浮かすイメージで軽く、2回目はしっかり泡立て頭皮をマッサージすることをイメージして洗います。
その後、十分すぎるほどすすぎ(トリートメントもしかり)しっかり乾燥させてください。

 

余計なシャンプーやトリートメントを残したまま濡れたままの状態では雑菌が繁殖し、皮膚疾患やアレルギー症状などを起こす原因になります。

 

よく髪は熱風に弱いからタオルドライをだけをして自然乾燥させるのがよいという方がいますが確かに髪に長時間熱風をさらすのは良くありません。

 

しかし、湿度が高く温かい日本の気候風土では髪が密集している頭皮は雑菌にとって格好の生育条件です。

 

男性や髪が短い方はともかく髪が長い方は以ての外。
頭部全体をタオルで覆い指先で頭皮を揉むように水分を吸い取ってからしっかりドライヤーで乾かしてください。

 

それでも改善が見られないという方は専門医へ受診しましょう。