白髪を黒髪に!有効なケアは?

白髪を黒髪に!有効なケアは?

 

白髪になってしまうのは、

 

髪を黒くするメラノサイトの機能が低下していること。
髪を黒くするために必要な栄養が不足していること。

 

この2つが原因となっています。

 

 

活性酸素がメラノサイトを衰えさせる!

 

メラノサイトの働きが衰えてしまうのは、酸化力の強い活性酸素が増加して、メラノサイトを破壊してしまうためです。
活性酸素は紫外線や食品添加物、過度な喫煙やアルコールなどで増加しますが、強いストレスを受けた時も増えてしまいます。

 

 

どうすれば白髪を黒髪にできる?

 

対策としては、活性酸素が増える原因を取り除き、抗酸化作用のある成分が配合されたヘアケア製品で髪と頭皮のお手入れをします。

 

栄養が不足してできる白髪の場合は、黒髪を作る材料になるチロシンやチロシナーゼの合成に必要な銅、ヨウ素などを摂取します。

 

 

チロシンを摂取し、頭皮を健康にすることが大事!

 

チロシンを多く含んでいる食べ物には、豆腐などの大豆食品、かつお、チーズなどで、銅を含む食べ物では、ほたるいかや干しエビなどがあります。

 

ヨウ素は昆布などの海藻類に多く、海藻を利用した海苔やところてんにも含まれています。

 

そして、頭皮の血流が悪いと白髪が発生しやすくなるので、指圧やマッサージをして頭皮のコリをほぐし、血流を促進すると育毛に必要な栄養が毛乳頭までしっかり届き、メラノサイトの働きも活性化するため白髪の予防になります。

 

 

白髪だけじゃなくて、薄毛も気になる場合は?

 

頭髪が目に見えて薄くなるという薄毛の症状は、少し以前までは、男性が発症する症状だというイメージが強くあったものです。

 

実際、男性型脱毛症という言葉がある事でも分かる様に、ある程度の年齢になると、薄毛を発症する男性は少なくありません。
ただし最近では、男性だけでなく、薄毛を発症する女性も増えているのです。

 

男性も女性もどちらも頭髪が薄くなるので、同じ症状だと混同されがちだったりします。
注意が必要なのは、男性と女性では、薄毛を発症する原因に違いがあるケースが多い事です。

 

 

男性VS女性。薄毛の原因は何?

 

男性が薄毛を発症する主な原因は遺伝であり、遺伝子の中にある男性ホルモンが脱毛を促してしまう事にあります。

 

逆に女性は遺伝的な要因で薄毛になるケースもなくはないですが、男性に比べて男性ホルモンが少ない人がほとんどです。
お陰で遺伝的な要因ではなく、ストレスや不規則な生活といった生活習慣の拙さが原因で薄毛を発症するケースが多かったりします。

 

この様に女性は、男性が薄毛となる要因とは違う要因で症状を発症するケースが多いです。

 

 

女性は男性と違い、育毛剤でも薄毛が改善されやすい!

 

なので薄毛を改善する育毛剤を使用する際は、女性育毛剤を使用する事をおすすめします。

 

ただし女性育毛剤は、男性用の物よりも育毛効果が弱いイメージを持つ人も少なくありません。
中にはきちんと髪が生える成分が入っているのかが心配になり、男性用の物を使用する女性もいます。

 

ですが実際の所、育毛剤というのは、男性用でも女性用でも塗れば髪が生えるという成分は含まれていないのです。

 

細く短い状態のまま抜け落ちてしまう髪に栄養を与え、成長を促すのが基本的効果であるので、髪が生えるという効果を期待する物ではありません。

 

ですが、育毛剤によって毛が太く元気になったため、髪にボリュームがでてきた。そのため、薄毛に見えなくなった!という意見もあるため、使用されてみても良いと思います。